記事のアーカイブ

平成30年度 柏崎市予算編成に対する要望

2018年01月08日 19:44
 安倍首相は総選挙の公約に、消費税の10%増税分の一部を、「教育・子育ての財源に回す」としました。消費税は、低所得者ほど負担の重い、不公平な税金です。財源を消費税にたよるならば、格差をますます拡大します。 実際、安倍政権のもとで、消費税増税で8.2兆円、年金削減や医療・介護の負担増など社会保障改悪で6.5兆円が国民の新たな負担となり、国の教育予算も最近3年連続のマイナスです。その一方で、大企業には4兆円もの減税が行われました。 こうした税のあり方、予算の使い方は今後の大きな国民的議論になっていくと思います。 さて、柏崎市における大きな課題として、原発に依

平和行政のさらなる推進を求める要請書

2016年01月21日 21:21
 21日、党議員団は「原水爆禁止柏崎協議会」が柏崎市に提出する要請書の提出に同席し、対応した山田副市長と懇談しました。大谷正二代表理事、飯田耕平理事が参加しました。総務課と教育委員会の担当職員も同席しました。 要請項目は 1、核兵器廃絶の推進に向け、中学生等の被爆地への派遣を実現してください 2、新しい市の庁舎建設計画が進んでいますが、新庁舎への移転の際、「核兵器廃絶平和都市宣言」の看板を新        設し、市民啓発を強めていただきたい 3、核兵器廃絶と被爆者援護実現に向け「平和行進」が毎年実施されています。その際、行進者への湯茶・給...

北朝鮮の水爆実験に対する非難決議

2016年01月18日 21:42
2016年1月18日、柏崎市議会は「北朝鮮の水爆実験に対する非難決議」を全会一致で可決しました。決議文は以下の通りです。北朝鮮の水爆実験に対する非難決議(案)北朝鮮は、我が柏崎市においても発生した日本人拉致問題に対し、何ら解決の進展を見せないまま、本年1月6日、水素爆弾(水爆)の爆発実験を行ったと発表した。このことは、我が国の安全保障に対する重大な脅威となるだけではなく、国際社会の平和と安全に対する重大な挑戦であり、断じて容認できない暴挙である。よって、本市議会は、北朝鮮による水爆実験に対し、強い非難の意思を表明する。以上、決議する。平成28年1月18日柏崎市議会理由北朝鮮の水爆実験に強く抗議

2016年(平成28年)度の予算要望書を提出しました

2015年11月10日 22:40
11月10日に党議員団が市長へ提出した、2016年(平成28年)度の予算要望書の内容は以下の通りです。2015年11月10日 平成28年度 柏崎市予算編成に対する要望 日本共産党柏崎市議員団持 田 繁 義五位野 和 夫柏崎市における大きな課題として、子育て世代や高齢者、障害のある方を支える事業の展開、地域の助け合いの力を生かした防災まちづくり、地域産業の振興と雇用安定・拡大の基盤づくり、新たな施設建設から耐震化を含む既存施設の長寿命化、財政健全化への取り組みが挙げられます。一般会計における26年度決算は、実質収支12億円余の黒字、単年度収支は4.8億余の赤字ですが、25年度

平成26年(2014年)度決算討論

2015年10月23日 20:42
平成26年度一般会計決算承第5号平成26年度一般会計決算に、日本共産党柏崎市議員団を代表して、反対の立場から討論をいたします。  議会が行う決算審査は、監査による計数が正しくても、市民のくらし‥福祉の向上、安全‥安心の視点から市政全体を総合‥政策的に審査する必要であります。この立場で幾つかの意見も述べ討論するものであります。平成26年度は、第四次総合計画後期基本計画の中間点に当たりました。総合計画の基本的な考え方、時代背景とその課題、取り組む主要課題、計画を推進する基本方針と財政計画を検証し、情勢の変化をも考慮し、大きな転換と飛躍が求められていました。...

8月15日、終戦日街頭宣伝

2015年08月16日 10:28
 8月15日、先の大戦で日本の侵略によって尊い命を落とされた、アジア2000万人、日本で300万人を超える方々に哀悼の意を表明し、世界平和とその実現に全力をあげる決意をした街頭宣伝をしました。戦後70年の節目の年を迎え、今ほど憲法9条を守り紛争は話し合い・外交で解決することを世界に発信し鼓動することを市民の皆さんに訴えました。 そのためにも今、参議院で審議されている戦争法案(安全保障関連法案)を、全国の様々な分野の方たちと力を合わせて必ず廃案にすることの先頭に立つ決意も述べました。

柏崎刈羽原子力発電所にかかわる調査特別委員会が設置されました。

2015年08月06日 21:55
 本日8月6日の随時議会で「柏崎刈羽原子力発電所にかかわる調査特別委員会」が設置されました。マスコミも本会議だけでなく正副委員長の選出も取材していました。

柏崎刈羽原子力発電所にかかわる調査特別委員会が設置されました

2015年08月06日 21:29
 6月議会で「柏崎刈羽原子力発電所の早期再運転を求める請願」が採択されました、それを受け、特別委員会を設置し、議会として調査・研究を行うことが確認されました。 本日8月6日の随時議会において、柏崎刈羽原子力発電所にかかわる調査特別委員会が設置されました。目的は柏崎刈羽原子力発電所柏崎刈羽原子力発電所にかかわる事項について、調査・研究を行う。項目として(1)国・原子力規制庁・県・事業者の動向、検討内容、・審査 結果について              

庁舎建設特別委員会の設置について

2015年07月09日 22:11
この度、市民から様々な意見のある市役所移転に伴う新庁舎建設について、党議員団は庁舎建設特別委員会を設置すべきものとして以下の内容で議長に要望しました。1、名称    柏崎市新庁舎建設に関する特別委員会2、目的    柏崎市の新庁舎建設に当たり、機能性や市民サービスの向上、ユニバーサルデザイン、建設費用など、以   ...

特別委員会の設置につい て党議員団の意見

2015年07月05日 20:36
 6月定例会議で「柏崎刈羽原子力発電所の早期運転再開に関する請願」が採択されたことを受け、市議会において原発の安全性、再稼働については議会としても、その役割、責務を果たすべく特別委員会を設置することになりました。党議員団として特別委員会設置における意見は次の通りです。1、名称 柏崎刈羽原子力発電所をめぐる諸問題に関する特別委員会2、目的  (1)福島第一原子力発電所における過酷事故の検証について  (2)原発の「地域経済論」と「コスト論」について  (3)原子力規制委員会の「規制基準」について  (4)避難計画(原子力防災計画)の課題について  (5)原発労働における実態、労働安全管理について
アイテム: 1 - 10 / 21
1 | 2 | 3 >>