原子力発電所の早期運転再開に関する請願が採択

2015年06月20日 22:47

「柏崎刈羽原子力発電所の早期運転再開に関する請願」は反対3、賛成5で採択されました。賛成した委員は「慎重に対応を」などの意見もありましたが、「安全に謙虚に向かい合うことが大事」としながらも「柏崎地域の経済状況を打破するために賛同する」(東電労組出身の委員)など福島の事故はもう終わったかの様に討論し、請願内容に賛同しました。
持田議員は討論で
・原発は誘致当初の目的を果たしていない...
・苦しみの原因は国と東電、ここに責任を求めるのに今回の請願は一面的
・市の第5次総合計画に向けてのアンケートでも多くの市民の願いは「原発に頼らないまち」、この方向こそ市に求める方向
・国際的にも低い国の審査基準をパスしても安全とは言えない
・原発内で働く労働者を守ることも請願していない
など、討論しましたが賛成多数での採択となりました。議会最終日の23日、同様の趣旨の議員発案の意見書が上程されますので今後そこでの議論の場が移ります。

戻る

© 2015 All rights reserved.| は無断で加工・転送する事を禁じます。

無料でホームページを作成しようWebnode